非・リアルな存在ver.2.0.0

Home > 特別企画:往年の写真記録展 > 少女マドカ

TOP_A.jp

2006/02/17 (金)  少女マドカ


軽く癖の付いた茶髪ロングの少女、マドカ。
IMG_1064.jpg


部屋に転がり込んできて間もなく私にカラダを許したこの少女のことを、私は良く知らない。
IMG_1065.jpg


三年前、初めて会ったときはまだ厨弐だったマドカは当たり前のようにウチに泊まるようになった。
IMG_1069.jpg


それ以来、私はこのマドカという得体の知れない少女を、犯し続けている…。
IMG_1071.jpg


マドカに関する数少ない情報の中で、マドカは決して孤独な少女ではない事だけは分かっている。
IMG_1072.jpg


ただ、両親がマドカに無関心であり、また、マドカもそれを苦にした様子もない。
IMG_1073.jpg


今朝、ふらつく様に帰ってきたマドカは言葉を交わすこともなくストーブの前に倒れこんだ。
IMG_1078.jpg


癖のある長髪が舞い乱れる小さな後姿に、私は自分を抑えることが出来なかった。


マドカ・・・
IMG_1079.jpg


(この腰つき、マジたまんねーわ…)
IMG_1083.jpg


『え?ちょ、やだ重い…』
IMG_1084.jpg


(グシグシグシグシ)      『ふ…ん…ん…』
IMG_1091.jpg


『あ、ん、…』
IMG_1092.jpg


『ん!んふッ!あッ!』
IMG_1095.jpg


マドカの声が艶を帯びて高まる。華奢な腰を反らせ身を振るわせる。
IMG_1099.jpg


マドカの尻肉に私は無我夢中で股座を押し付け擦りあげる。私の動きの強弱に合わせるようにマドカの喘ぎが反応する。
IMG_1100.jpg


やがてマドカが一際に大きな喘ぎ声を上げ、痙攣する。
IMG_1101.jpg


『んあッ!!くッ!んんッあぁッ!!!』
IMG_1106.jpg


『フーッフーッフーッ…』  (ビクンビクン…ビクンッ!!)
IMG_1118.jpg


荒い息を続けるマドカの顔を見たかった。絶頂に達した少女の顔を見たかった。
IMG_1122.jpg


虚ろな瞳をした少女が、私の名を呼んだ。    『名無し…さ…ん…』
IMG_1129.jpg


私は、幾度と無く犯したこの少女のことを、心底、愛していた…。







(´・ω・)『・・・・・・・・・・・』


何か言ってくださいよ、がんばって書いたんだから(´・ω・`)


(´・ω・)『なんていいますか、こう、、、股座がアツくなってきました』


そ、それはがんばって書いた甲斐があります(´・ω・`)
まなみさんもマドカの時から一貫してちょっと強引なエッチが好きでしたよね。


(´・ω・)『私の体に辛抱たまらなくなったんですよね?好きな男が相手ならキュンキュン要素だとおもいます』


そういう意味ではまなみさんに私はぞっこんですわ(´・ω・`)


(´・ω・)『股座がアツくなってきました…。ところで、マドカエピソードが少し出てきましたね』


はい、私の心情という形で表現してみました。


(´・ω・)『ということは、次は私主観でなにか表現するんでしょうか』


そうですねー。
そうしたいんですが私の中でイマイチ彼女の心の中が読めないというか決めれないというか(´・ω・`)


(´・ω・)『私はわかりやすく「名無しさんラブ///」でもいいと思いますよ』


いいんでしょうかねぇ・・・(´・ω・`)





関連記事
スポンサーサイト
[PR]

FC2公認の男性用高額求人サイトが誕生!
稼ぎたい男子はここで仕事を探せ!

Comments

name
comment
TYPE MM04 : URL はぁはぁ

#LkZag.iM Edit  2015.12.03 Thu 23:10

ここ最近の名無し様とってもえっちです。
MMは、読みながら感じてしまってます。
あまあまの感じのトコも良かったり、
ちょっと物語としても楽しんでます。
このストーリーいいかも…

名無し : URL

#- 2015.12.03 Thu 23:21

写真撮ったのが9年前ですから、
私もまだ20台、元気百発でしたから…(あらお下品)
ストーリーの方向性がまったく定まっていないので、
通しで読むと辻褄があわない所もでてくるかもしれません。
なにぶん、名前でさえも2回も変わってますから(爆)
…性格なんて二転三転(;´Д`)

どしどし感想をお寄せくださいマシマシ(´・ω・`)

comment form
(編集・削除用) :
管理者にだけ表示を許可